2012年02月19日

JIP-KASAI終了

響命JAPANさんの主催で加西に来てくれた15名のインドネシア学生達は、多くの方のご協力のお陰で有意義な4週間を過ごして2月12日日本を発ち帰国の途に着きました。

当方MORE地球家族がお世話させていただけたのは次のとおり

○市役所訪問
○北条鉄道乗車体験
○北条東幼稚園の園児との交流+昼食会
○北部公民館 おもちつきと昔あそび参加
○宇仁幼児園の園児と交流会
○南部公民館にて茶道体験
○福祉会館にてボランティアのつどい参加
○市内ホームステイファミリー探しの協力
 など
あっという間の4週間で、彼らの愛らしい笑顔と人懐っこい国民性にメロメロになった日々でした。

数件の事業が重複し、ゆっくりと報告ができず、今になってしましましたが、本当に多くの方の御好意で包まれた滞在だったと思います。

IMG_3373_320.jpg←ボランティアの皆さんとは話がはずみ、時間を忘れるほどでした。

IMG_3320_320.jpg←いつもかわいい笑顔で日本人たちに大人気

当方に取りましても、大変貴重な体験と勉強をさせていただきました。

最後に、ホームステイのホストファミリーの皆様には、最終日にお礼のお別れ会を実施できず、きちんとしたお礼を直接述べることが出来なかったことを、どうかお許しください。
この誌面をお借りしまして、
皆様のご好意とご協力に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
posted by ai at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

インドネシア学生と幼稚園児

到着の翌日、早速北条東幼稚園へ行きました。
IMG_3240_320.jpg←自己紹介で聞きなれないインドネシアの名前に園児達の歓声があがりました。

IMG_3243_320.jpg←給食当番が珍しく写真を撮っています。

IMG_3247_320.jpg←ご飯の後はたっぷり遊びました。

IMG_3253_320.jpg←じゃんけん列車で大興奮!

IMG_3258_320.jpg←若いっていいなあ。

IMG_3264_320.jpg←カルタ遊びをお兄さん達に教えています。

IMG_3269_320.jpg←インドネシア人も負けずに取っていました。

IMG_3271_320.jpg←ルールを教えたり、お手つきの罰を教えたり、子供たちも丁寧に説明していました。

IMG_3278_320.jpg←子供達からミュージックベルの演奏のプレゼントです。天空の城ラピュタの『君をのせて』でした。感動。

IMG_3284_320.jpg←合同演奏。

IMG_3289_320.jpg←楽しい時間はあっという間に過ぎる。

IMG_3290_320.jpg←お別れはハグハグ。

このように、地域の学校に招いていただき、日本の子供たちと交流をすることが実現しました。これからまだ15人と加西の人々の友好交流は続きますが、改めて加西の人たちのホスピタリティーを再発見した気がしています。地域力を感じます。

ホームステイの先も順調にマッチングがすすみ、愛情たっぷりで学生を受け入れてくださってます。これから楽しみが続きます。

posted by ai at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

インドネシア学生 大歓迎

1月16日夜に加西に到着したインドネシアのバンドンのあるパジャジャラン大学の学生さん達です。
IMG_3310_320.jpg
18日夜にオークタウンにて歓迎会をしました。50人くらいの方が口コミで集まってくださいました。

IMG_3297_320.jpg
彼らのインドネシア料理を囲んで交流しています。

IMG_3303_320.jpg
尺八の佐竹先生の見事な演奏で歓迎ムードは高まります。

IMG_3308_320.jpg
参加の子供たちも体験させてもらいました。

IMG_3295_320.jpg
お礼にインドネシアの歌を歌ってくれました。

15人は大学で日本語専攻なので、すでに日本語が堪能です。びっくりしました。アンクルンという民族楽器の演奏もします。音楽と笑顔と得意な日本語で沢山の日本人と友好を深めてくれそうです。

IMG_3293_320.jpg
同日の朝は北条鉄道にも体験乗車してもらい、

IMG_3294_320.jpg
私担当の長駅も見てもらいました。

市長の表敬訪問も済ませ、加西市をあげて歓迎ムードが広がっています。

かわいい幼稚園生との交流の模様も後日レポートします。
posted by ai at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

JIP-KASAI インドネシア学生がやってくる

2011年は思いがけない大災害が日本を襲いました。MORE地球家族としても活動エネルギーを震災復興支援に注いだ一年でした。外国人のみんなも本当によく活動に協力してくれました。
中でもALTを中心にSNSを活用した義援金集めや、ボランティア募集などを迅速かつ積極的にやってくれたことが大変大きな力となりました。
8月と11月に2回外国人と宮城に行きましたが、8月に同行したCaraが言った言葉が今でも私の心の中で大きく大きく響きます。
   Where there are sad people, it is just natural to go and help them.
『悲しむ人がいるなら、助けに行くのは極当たり前のことです。』
この言葉を胸に、継続的な支援をしていきたいと思います。

さて、今年は、新年早々、楽しいお客様が沢山加西にやってきます。インドネシアの大学生15人です。4週間の間、アンクルンという民族楽器の演奏で文化交流を図ったり、日本人家庭にホームステイをしたり、日本語クラスで勉強をしたりします。また、MORE地球家族が普段訪問している幼稚園・幼児園・公民館を訪問し子供たちと遊びます。

   今からとても楽しみです。

   18日夜歓迎会を開きます 
   ホームステイのホストファミリーも募集中です。歓迎会に参加して『受け入れ』を考えてくださるとうれしいです。
posted by ai at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

北条鉄道の超カワイイ箱庭動画

2011年も残すところ後数日になりました。

活動が忙しく、なかなかこのブログを更新できなかったのが、反省点です。

年内にもう一度、記事を書き、本年度のまとめをさせていただく ま・え・に、

こんな素敵な動画を作っていただきましたので、UPします。

鉄道に関しては、新たなひらめきが少なく、人々の関心が離れていないかな〜、と弱気になっているところに、この動画の作成者の作品に出会いました。厚かましく連絡をいれたところ、実際に遠方から撮影に駆けつけてくださり、年内に作ってくださいました。
『未完成なので・・・』と謙虚におっしゃいますが、なかなか感動ものです。

是非、ご覧下さい。市内のあちこちで流したいです。

北条鉄道の箱庭動画   です。

北条鉄道の活性化に関しては、おなじみの駅ナカ英会話の二クラスが満員御礼になったことや、韓国語講座が新たに開催できたのは大きなことでした。

後は、東北を訪問して、各路線が被災しまだまだ復旧のメドが立っていない現実をみて、大きなショックを受けました。鉄道が走らない街がどんなに寂しいものかということが、実際の風景をみてわかりました。そして、曲がって錆びれた線路だけが更地に残っているのには胸が痛みました。

ハチドリ列車はそんなローカル線の復興の応援にと走らせたものです。



posted by ai at 13:52| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

インドのストリートチルドレン

宗教を問わず、世界の貧しい子供たちの為にその生涯を捧げたマザーテレサは、ノーベル平和賞の受賞者でもありますね。彼女が修道女として学び教師として勤めたのがカルカッタですが、そのカルカッタには今も60万人のストリートチルドレンがいます。その保護活動をしているのが国連認可NGOのCSP(Culcutta social project)です。
CSPと夢前にあるNPO法人レインドロップが企画・開催されたインドの楽器シタールの演奏会に加西と姫路で二度参加することが出来ました。
シタール.JPG
Sobhoさんは多数の映画音楽も手がけ国家的に有名なシタールの演奏家です。

シタールYou Tube
←百聞は一見にしかず・

加西の後、すぐに宮城を訪問し、7日間で6箇所慰問演奏会をもたれたそうです。私達も訪れ衝撃を受けた石巻の門脇小学校の校舎の前では祈りの演奏をささげてくださったそうで、その写真には涙が止まりませんでした。
3.11発生直後からインドにおいても追悼の演奏を重ねてくださり、支援しているストリートチルドレンの子供たちからも一人1円・2円と募金をしてくれた合計を持参でこの度訪日をしてくれました。
家も家族もない子供たちがゴミ集めや清掃などのアルバイトで稼ぐのは月たったの300円だそうです。

そんな過酷な環境に暮らす子供たちだからこそ分かる被災地への慈悲はお金の額ではなく《愛》だと思いました。

3.11後、お金には代えられない慈悲のやり取りがあちらこちらでみられます。
シタールの音色を聴きながら、ミヒャエルエンデの 『エンデの遺言』You Tube を思い返しました。









posted by ai at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

Tohoku Visit Nov.2011〜2日目〜

二日目のレポートを始める前に、ちょっと余談になりますが、すっかりきれいに瓦礫が片付いた被災地の様子をみて、あの3.11当日の惨状をすっかり忘れている自分に気づき恐ろしくなりました。昨夜は自分を戒めるように、沢山の映像を見直しました。そして改めて今回の訪問でであった人たちがどれだけ大変なおもいで現在までを過ごしてこられたかを想像しました。

さて、二日目は8月にもお世話になった やっぺし!東北さんの活動に混ぜてもらいました。
Miyagi Nov.2011 039_320.jpg←奥松島のひびき工業団地に立つ仮設住宅です。こちらで、暖房器具の配布をお手伝いしました。コタツ・ホットカーペット・ヒーターなどなど、壁の薄い仮設には必需品です。

ボランティア先では、予定通りに行かないことがあるのはもう当然で、この日も配布物は思ったほどなく10時くらいで配り終えてしまいました。でも、外国人は、集会所のトイレ掃除や駐車場のタバコの吸殻広いなど、とても地味な仕事を誠意をもってこなしてくれて、その柔軟さに感謝でした。

しかし、リーダーの私は内心ハラハラ、このペースだと11時には、仕事がなくなるぞ〜。この時、あわててお電話してしまった方数名、ホントすみませんでした。

結局、一日目もお世話になった、仙台市まちづくり推進課の鈴木誠さんが、午後から石巻での活動先を紹介してくださり、胸をなでおろしました。
鈴木さんには、一日目の仙台冒険ひろばも探して頂きましたし、当日も様子を見に来て下さったり、お昼までご馳走になり、本当にお世話になりました。ご自身も奥様のご家族が3人も犠牲になられてつらい話をさせてしまいました。今は仮設の新しいコミュニティーの確立に奮闘されているという事で、相当な責任を負われてると想像します。どうか、心身共に健康でがんばって頂きたいと思います。
Miyagi Nov.2011 040_320.jpg←仮設横にオープンしたばかりの八百屋さん。特に冬は雪で遠出が出来ないのでこのお店は助かります。

Miyagi Nov.2011 042_320.jpg←店主さんです。とても優しく少し買い物しただけなのにいっぱいおまけを頂いてしまいました。次に行ったらもっと買います!!

Miyagi Nov.2011 044_320.jpg←石巻に行くまでに奥松島の見学です。とうなの墓地は墓石が流されこんな状態のままです。お墓を見にくる余裕はないということがわかります。100キロ以上もある墓石が流されるなんてウソのような話です。

Miyagi Nov.2011 046_320.jpg←水がいまだ引かない場所が沢山あります。

Miyagi Nov.2011 045_320.jpg←浜の手前がえぐれて水が引きません。

Miyagi Nov.2011 047_320.jpg←印象に残った月浜という海水浴場です。

Miyagi Nov.2011 048_320.jpg←浜から上がったところに仮設があります。寒そうです。

Miyagi Nov.2011 050_320.jpg←月浜の民家跡を歩くJenny とLuisです。この地域では奇跡的になくなった方がないと説明すると、深い息を吸ってから”Good.”と言ってました。聞くところによるとこの地域では先祖代々津波の怖さを語り告がれていて、みなさん早めに避難できたそうです。

Miyagi Nov.2011 051_320.jpg←まったく片付いていない家屋もあります。

奥松島の美しさに心を奪われました。今は傷跡がありますが、きれいになったら絶対に島巡りクルージングに来ようと思います。

そして、石巻へ・・・・・・

Miyagi Nov.2011 052_320.jpg←石巻警察近くのちびっ子ランドさんは放課後の子供たちのふれあいの場です。

Miyagi Nov.2011 053_320.jpg←何の心構えなくやってきたこの場所には、災害孤児の方もおられ、外国人にすばやく説明だけして後はのんびりと子供たちと過ごしました。Jenny もLuisも状況把握がすばやくすぐに子供たちに溶け込んで遊んでくれました。二人と来て良かった〜と思ったもう一つの瞬間でした。

Miyagi Nov.2011 054_320.jpg←どのこも本当に素直で、逆にこちらがもてなされてしまいました。

Miyagi Nov.2011 056_320.jpg←門脇小学校です。津波の後火事で真っ黒に焼けてしまいました。今は中学校に間借りをしているそうです。

Miyagi Nov.2011 057_320.jpg←中学生のMさんが、その日の様子を丁寧に丁寧に語ってくれました。きっとつらいと思うのですが、私達が帰る間際に急に話始め、帰るまえにこの小学校を是非見て欲しいと案内してくれました。

Miyagi Nov.2011 058_320.jpg←向こうは再開したタラコ工場です。地面は仙石線の線路です。鉄道の復旧はまだ先になりそうです。

石巻の被害の大きい事は聞いてはいましたが、ここまでひどいとは思いませんでした。Jenny が小学校周辺の地震前の写真をgoogleで見せてくれて、涙が出ました。イメージとしては関西なら尼崎の活気ある町が一瞬で消えた感じでした。

この度も、大変貴重な体験でした。今からでもボランティアに行こうという方は、予定通りに行かない場合はいろんなところを見学に行かれるだけでいいと思います。まずは自分の目で見ることが大事です。

MORE地球家族としては、外国人のボランティア希望者を連れていくということを使命にして二回目の訪問を終えましたが、本当に多くの外国人さんが希望してくれていることが今回もよく分かりました。そして、彼らも日本にいる外国人として国境を越えてこの災害を伝えることを使命と思ってくれています。

ラッキーだったのは、Luisが運転が上手だったのと、Jennyがナビゲーションとパフォーマンスが上手で、IT難民の私は大助かりでした。二人とも子供たちに大人気でした。

とにもかくにも、二人とこのたび宮城にいけたのは本当にラッキーだったし、良い仕事が出来たと思います。沢山の方から、『Jenniferと Luisに日本のために勇気をもって行動してくれてありがたい。』というお礼の言葉を頂きました。

To Jennifer and Luis,
I owe you very much!!







posted by ai at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

Tohoku Visit Nov.2011 〜一日目〜

MORE地球家族のハチドリプロジェクトは第二回目の外国人との現地ボランティアを実施することができました。
8月に行った時が震災後5ヶ月。今回は8ヶ月以上が経っています。しかし、阪神淡路大震災に比べると規模が大きすぎるので復興が思ったほど進んでいないなあと感じました。
そして、また新たな問題があちこちで起こっていることに気づきました。そしてどの問題も深刻なものです。
とても暗い気持ちになる今回の訪問でしたが、やはりいつも希望を感じるのは子供たちの笑顔です。今回も沢山の笑顔と思いやりに出会うことが出来ました。

Miyagi Nov.2011 001_320.jpg←今回一緒にいたのは丹波市で英語を教えているJenniferとLuis

Miyagi Nov.2011 002_320.jpg←荒浜小学校近くの民家横に流されてきた漁船。

Miyagi Nov.2011 004_320.jpg←閑上(ゆりあげ)地区の町がなくなった様子を見て呆然とするLuisとJennifer.

Miyagi Nov.2011 006_320.jpg←閑上(ゆりあげ)の地名になったというお地蔵さん

Miyagi Nov.2011 005_320.jpg←その足元にサン・テグジュペリの星の王子様

Miyagi Nov.2011 007_320.jpg←津波を回避するためにこの水門を閉めに行った水門番のおじいさんが水に飲まれたそうです。

Miyagi Nov.2011 008_320.jpg←夏に出会った神坂さんに地元の重要文化財に指定されている『洞口住宅』を案内してもらいました。

Miyagi Nov.2011 009_320.jpg←体験学習などで子供たちが沢山くるそうです。

Miyagi Nov.2011 012_320.jpg←何とか観光の目玉にできないかと、私達の意見も聞いてくださいました。

Miyagi Nov.2011 010_320.jpg←残ったもので町を盛り上げようとがんばっている皆さんの熱意に心を打たれました。

Miyagi Nov.2011 013_320.jpg←手前のおしゃれな方が神坂礼子さん。コピーライターをしながら名取市の観光活用審議会の委員もされています。私達のようなボランティアも快く受け入れて案内してくださる頼れる地元のパワーです。

Miyagi Nov.2011 015_320.jpg←一日目の活動先である仙台の七郷にある冒険広場に到着しました。

Miyagi Nov.2011 014_320.jpg←早速Luisは力仕事です。男性を連れてきて良かった。

Miyagi Nov.2011 016_320.jpg←実はLuisは熱がありましたが、がんばってくれました。

Miyagi Nov.2011 018_320.jpg←Jenniferのビスケット屋さんには長い列が出来ました。

Miyagi Nov.2011 019_320.jpg←好きなトッピングをお願いするのにみんなわくわくでおかわりの列がなかなか切れない人気ぶりです。

Miyagi Nov.2011 020_320.jpg←キャンディーやチョコもたくさん持ってきてくれました。家にいる家族の分までお願いしていました。みんな家族想いです。

Miyagi Nov.2011 021_320.jpg←食べた後は運動。椅子とりゲームの替わりに陣取りゲーム。

Miyagi Nov.2011 022_320.jpg←音楽はLuisがPC持参で担当してくれました。ばっちりです。

Miyagi Nov.2011 023_320.jpg←寒いけど心がぽかぽか。

Miyagi Nov.2011 024_320.jpg←どんどん子供がやってきます。

Miyagi Nov.2011 025_320.jpg←丹波の氷上高校の生徒からの応援メッセージ。

さて、外は寒いので・・・・・児童館の中に入れてもらい今度は学童のようなところの児童さんと遊びました。
Miyagi Nov.2011 027_320.jpg←どうしても、見て欲しい!!とAKBのうたを披露してくれています。

Miyagi Nov.2011 028_320.jpg←こんどは少し小さい子達とアメリカの感謝祭やクリスマスについて話を聞きました。

Miyagi Nov.2011 031_320.jpg←クリスマス絵本にみんなほんわかしています。

Miyagi Nov.2011 033_320.jpg←ロンドン橋やホーキー・ポーキーなど定番ですが楽しい英語遊びをたっぷりやりました。

Miyagi Nov.2011 038_320.jpg←がんばれメッセージをお土産に。

これで一日目が終わりました。

実は、こんなに元気そうな子供たちですが、この公園の近くの七郷小学校に通う子供たちで、津波発生時にはお友達が何人も津波に流されていくのを見ているそうで、スタッフの方から『子供たちから話すまでは津波の話はしないで下さい。』と始めに忠告がありました。確かに、外国人たちとの会話の中で家族のことはある程度話していましたが、学校の話が始まるとみな一往に黙りこんでしまう場面がありました。よほど悲惨な状況を記憶してしまっているのでしょう。

この後、二人は仙台駅で震災前と後を比較できる写真展示を見に行ったそうです。二人とも兵庫に帰ってからの伝え方を頭で考えながら記録を残してくれていました。

では、また二日目のレポートは後日。

posted by ai at 10:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

二回目の 宮城ボランティアへ

11月26日・27日の二日間、二度目のハチドリ隊派遣宮城ボランティアに行ってきます。
今回一緒に行くのはアメリカ人のJennifer と Luis です。
MORE地球家族の出来る『らしい!』ことと考えれば、やはり東北の支援を希望してくれている外国人を現地へ連れて行くこと。
この度も、Facebookで呼びかけてもらってところ、希望者が続々と名乗りを上げてくれましたが、車での移動の都合もあり、人数を絞らねばならないことが残念でした。これをまた学びに次の準備に生かしたいと思います。

  さて、26日は、仙台七郷センターの広場で子供たちと遊びます。
     27日は、東松島で物資配布のお手伝いをします。

ボランティアの手が欲しい!うちにも来て欲しい!とお呼びがかかることはうれしいことです。それだけ、まだまだ支援が必要とされていることも事実ですねえ。

では、宮城の子供たちに少しでも将来に夢や希望をもってもらえるような活動をしたいと思います。
posted by ai at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

えきまえ英語

NPO法人になってから、少しづつですが仕事の依頼が入ってくるようになってきました。
春に北条小学校の英語授業(国際理解教育入り)をさせていただいたことがきっかけで、
北条まち駅のすぐ前の駅前地区の公民館で月二回英語授業をしています。

正しくは、『北条ふれあいステーション活動推進委員会』様からの依頼です。
今日もハロウィンをテーマに授業をしました。
えきまえ.JPG←初めての仮装もばっちりでウキウキの子供達。

今日は運動会と重なり参加が少なかったので、今日は子供達のアイデアで、TRICK OR TREATをいっぺんに終わらせるのはもったいない、ということで、シャワー室の扉・キッチンの扉・玄関の扉・物置の扉と4回繰り返しやりました。段々自信が付いて、声が大きくなり英語がスムースにでるのがこちらもやっていて気持ちよかったです。

MORE地球家族としては、国際理解教育を含めた英語の授業をもっともっと広く展開していきたいと思いますので、今訪問している学校以外も是非お声をかけてください。

月末まではハロウィン一色の訪問が続きます。楽しみです。



posted by ai at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。